はじめに

この度はBO-Butlerをご利用いただきありがとうございます。
BO-Butlerはどなたでも簡単にご自身のオリジナルロジック(シグナルインジ)を作成するためのツールです。
そしてBO-Butlerは、Butlerシリーズへと連動することで更に高度にご活用いただけます。
BO-Butlerで作成したシグナルインジは、CT-Butlerに最適化されているので、そのままAT-Butlerへと連動することができます。
また、別売りのDA-Butlerオプションを購入することで、指定期間内の時間帯別勝率分析も出来るようになります。
Butlerシリーズでは、ユーザー様が快適にかつ効率的にトレードが行えるように、執事(Butler)のようなサポートを目的としています。
今後ともButlerシリーズをよろしくお願いします。

ライセンスの申請について

ライセンスご購入後はこちらの申請フォームより登録情報をお送りください。
ご購入を確認し、登録が完了いたしましたらメールにてご連絡いたします。
※ライセンス購入がまだの場合はこちら

BO-Butler 無料最適化サービスのご案内

BO-Butlerでお好みのパラメーターの組み合わせを見つけた後は、その組み合わせでオリジナルのシグナルインジを自動で作成することができます。ライセンスをご購入頂くと、そのサービスを無料でご利用いただけます。
また、CT-Butlerと連動するための最適化もこの無料サービスからご利用いただけます。
ご利用方法は以下の通りです。

①BO-Butlertでパラメーターを入力してOKを押す
②そのチャート上で キーボードの【B】を押す
③自動でブラウザが開きパラメーターが自動入力される
④ブラウザでご自身のユーザー情報を入力しページ下部の送信を押す
⑤最適化されたex4がダウンロードされる

上記③の自動入力がされませんがこちらからもご利用いただけます。

BO-Butlerのパラメーターの説明

パラメーターの設定項目は、大きく分けると以下の項目があります。

ユーザー認証
連動するインジケーターの設定
集計の設定
稼働時間の設定
通知設定

以下に順に解説いたします。

①ユーザー認証

BT-Butlerのライセンスを購入し、発行されたユーザーIDを入力してください。
ユーザーIDが無くてもデモユーザーとして一定期間無料でご利用いただけます。

②使用するインジケーターの設定

使用するインジケーターを選択しパラメーターを設定します。

インジケーター詳細はこちら

インジケーターを使用する場合逆張り、順張りから選択して使用します。OFFの場合は使用しません。

1.ボリンジャーバンド、エンベロープ
期間、偏差を設定して使用します。ボリンジャーバンドは2つまで使用できます。

2.MA(移動平均線)
2本のMAの期間とシグナル条件を設定します。シグナル条件はパーフェクトオーダーとクロスから選択出来ます。

3.ストキャスティク
%K期間、%D期間、スローイング期間を設定して使用します。また、レベルLOW、レベルHIを設定し、シグナル条件を変更出来ます。

4.RSI、CCI
期間を設定して使用します。また、レベルLOW、レベルHIを設定し、シグナル条件を変更出来ます。

5.MACD
短期EMA期間、長期EMA期間、シグナルライン期間を設定して使用します。

6.BearsPower、BullPower
期間を設定して使用します。また、レベルLOW、レベルHIを設定し、シグナル条件を変更出来ます。

7.WPR(Williams’ Percent Range)
期間を設定して使用します。また、%Rレベル上、%Rレベル下を設定し、シグナル条件を変更出来ます。

③集計の設定

DA-Butlerを購入すると集計機能が利用可能になります。
集計機能を利用することで、連動しているシグナルインジの勝率の高い時間帯や曜日が容易に分析でき、稼働時間設定や各種フィルターをより有効に使いこなすことができます。

詳細を表示



1.表示形式
一時間毎、一日毎、時間帯別、曜日別、非表示から選択します。
また、キーボードのショートカットキーを使用し簡単に切り替え可能です。
1~4:集計の表示形式を切り替え

2.開始日時
集計開始日時を設定します。現在足の場合、初期値のまま直近日時を指定します。

3.計算期間
計算期間を設定します。日数を入力、0は全期間を対象にします。

4.判定期間
決済判定までのローソク足の本数を入力します。

5.判定時のスプレッド
判定時のスプレッドを設定します。

6.チェイス回数、チェイス倍率
チェイス回数、チェイス倍率を設定します。
チェイス回数はキーボードのcを押すことでカウントアップすることができます。

④稼働時間の設定

稼働時間を1時間毎に日本時間で設定します。

⑤通知設定

1.Readyアラート、Entryアラート
表示のon/offを設定します。

2.メール
メール受信の設定をします。
受信する場合はツール→オプション→Eメールからの設定が必要になります。

メール設定について


MT4からメールを送信するにはツール→オプション→Eメールから設定する必要があります。以下はgmailでの設定の仕方です。使用するメール(Yahoo!メール等)によって変わりますのでご注意ください。

「有効にする」にチェックを入れます。

SMTPサーバー:smtp.gmail.com:465

SMTPログインID:GmailのID

SMTPパスワード:Gmailのパスワード

発信元:Gmailのメールアドレス

送信先:送信したいメールアドレス